背中にきびを治そう!

背中にきびの原因って何なの?

睡眠不足が原因

背中にきびに睡眠不足は大きく関係しています。睡眠不足は様々な肌トラブルを引き起こしてしまいますが、それはホルモンバランスの乱れからくるものです。成長ホルモンが分泌される22時〜2時の時間帯に眠っていないと、肌の老化を促進してしまい、シミやしわ、肌荒れなどを引き起こしてしまうんです。

 

シャンプー・リンスが原因

シャンプーやリンスをすすいだ水が毛穴を塞いでしまうことで、背中にきびの原因になってしまうんです。最後に髪の毛を洗っている方は、最後にカラダを洗うなどの工夫をするだけでも、背中にきびは改善されるかもしれませんよ☆

 

ボディーソープが原因

ボディソープは石鹸に比べて洗浄力が強いものです。その為に背中の皮脂を必要以上に洗い流してしまい、乾燥を招くことがあります。背中にきびは乾燥も原因の一つなので、注意しましょう。

 

乾燥が原因

肌が乾燥すると、皮膚の防衛反応が作用して皮脂分泌を促進させます。すると毛穴が詰まってしまい、背中にきびの原因となるんです。背中も保湿が大切なんですね☆

 

下着が原因

ブラジャーの多くは化学繊維で作られています。すると汗をかいても吸収されずに、背中に汗が溜まった状態が続きます。そうして雑菌が繁殖しやすい状態になり、背中にきびができてしまうんです。

背中にきびの対策ならコレ!

背中にきびの対策としては、まずは上記の原因を見直すことが重要です。特に睡眠不足は美肌には大敵です。きちんとした睡眠を心がけて、規則正しい生活をするだけでも随分とお肌の状態が良くなる方も大勢います。

 

背中にきびだからといって特別な対策を講じるのではなく、お肌の健康状態を保つケアをしてあげることが効果的です。保湿で乾燥を防ぐこと、バランスの良い食生活をしてビタミンを摂取すること、肌にダメージを与える紫外線対策をすること、など基本的なことをするだけでも随分と効果があると思いますよ♪

背中にきびの治療方法は・・・

ケミカルピーリング

グリコール酸やサリチル酸などの化学薬品を患者さんに合わせて調合します。その薬剤を肌に塗ると、毛穴の詰まりを解消して、中から余分な角質や皮脂が排出されます。するとキメの細かい肌になると共に、にきびのできにくい肌になるんですね〜♪

 

レーザー治療

レーザー光線をにきび部位に照射することで、アクネ菌というにきびの原因菌を殺菌します。このレーザー治療は短時間で気軽にできるという点から、にきび治療で人気がある方法です。レーザーの種類も様々なので、事前に自分で調べてみるといいですね。

 

フラクセル

フラクセルはにきび治療だけではく、シワ・シミ治療にも用いられている手法です。一回の施術ではなく、何回かに分けて治療をするのが特徴です。

 

アファーム

アファームはレーザー治療やケミカルピーリングに次いで、今後主流になるであろうとされている手法です。この治療にもレーザーを用います。腫れることもあまりないので、じわじわと人気が出てきています。アファームは要チェックですよ♪